節税対策.com » 104.一時所得と雑所得の区分選択

104.一時所得と雑所得の区分選択


【節税効果】
 3つ星 ★★★


【内容】
・雑所得の金額は、総収入金額から必要経費を差引いて計算するのに対して、一時所得は、[(総収入金額-その収入を得るために支出した金額)-50万円]×1/2の計算で求めます。一時所得は50万円の特控除があり、さらに1/2になります。


【要件】
・例えば、保険契約をする際に、受取る際に雑所得になるものか、一時所得になるかを検討して保険商品を選ぶことで、受取時の税金の取扱いが異なってきます。


【留意点】
・生命保険や損害保険で一時所得の適用を受けるには、契約時に保険の内容に一定の要件を満たす必要があります。

【節税種類】
・所得控除


【節税対象】
・個人


【条文番号】
・所34①


【具体的に検討される際には・・・】
・具体的に節税対策をご検討される場合には、節税に関しての経験が豊富な汐留パートナーズ税理士法人の税理士までお気軽にご相談下さい。お電話又はメールにて承ります。

メール  03-6228-5505 
------------------------------------------------------------------
◆汐留パートナーズグループのfacebookファンページに「いいね!」をお願いします◆

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「節税対策.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
個人や会社にお金が残る真の節税対策を共に考えましょう
汐留パートナーズグループ
その他関連サービス


汐留パートナーズ税理士法人
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら