節税対策.com » 節税対策とは

節税対策とは

節税は法の範囲内で税金を減らすことを言います。
節税は、正しく取り組めば決して違法にはなりません。税務調査でも否認されることはありません。経営者の場合、節税した分を次なる事業展開に充てることができ、また従業員の給与や福利厚生にまわすことも可能です。個人の方は、正しく節税することで、自由に使えるお金を増やすことができます。節税にはお金の支出を伴う場合、お金の支出は伴わずに届出等により節税が行なえる場合など様々です。一枚の届出で数百万円の納税の差額が出ることもあります。
正しく節税することで、会社や個人にお金を残し、より有意義なお金の使い方をして頂ければと思います

節税手法100

多くの方に節税して頂きたいとの考えのもと節税手法100を作成しました。
この中から最適かつ選択可能な節税手法を組み合わせて適用することで、これから支払う税金(法人税、所得税、消費税、相続税、贈与税、固定資産、印紙税、自動車税等)の額に大きな差が出てくることは確実です。節税手法100につきましては、経営者にとって創業時期、成長時期、安定時期、事業承継期など、すべてのステージで利用可能な項目が入っています。個人の所得税、相続税、贈与税を含めた節税手法の最適な組み合わせについての相談もさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

節税手法の一覧はこちら

税金の種類ごとに節税手法を検索

節税手法100により、節税可能な税金は、「法人税」、「所得税」、「消費税」、「相続税」、「贈与税」、「固定資産税」、「償却資産税」、「印紙税」、「自動車税」、「自動車取得税」等です。私たちに身近な税金がたくさんあります。それぞれの税金の種類ごとに検索して頂けます。多く納付している税金の項目がありましたら、その項目からご覧頂けます。

税金効果を示した★ごとに節税手法を検索

節税手法による効果の大きさによって★1つから★5つまで分類しています。★の数が少ない項目につきましても、それらを確実に適用することで大きな節税につながることがあります。★5つの項目はもちろん、★の少ない項目につきましても検討して頂ければと思います。

節税の種類ごとに節税手法を検索

節税種類には、「税額控除」、「費用計上」、「早期費用化」、「所得控除」、「課税の繰延」、「所得の分散」の6つの種類に分類しています。節税手法の中で一番効果の大きな手法は「税額控除」ですが、赤字企業の場合は「税額控除」を選択せずに、「費用計上」を選択することで翌期以降に節税の効果を得ることが可能です。

法人・個人などの区分から節税手法を検索

「法人」の税金、「個人」の税金などの区分により、節税手法を選択可能です。なお、「個人」については、「個人事業主」「個人事業主(医師、歯科医師)」「個人(役員)」「個人(従業員)」「個人(その他)」の中から区分に応じて節税手法が選択可能です。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「節税対策.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
個人や会社にお金が残る真の節税対策を共に考えましょう
汐留パートナーズグループ
その他関連サービス


汐留パートナーズ税理士法人
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら